徹底予測 次世代自動車 2012 - 日経ビジネス編集部

日経ビジネス編集部 次世代自動車 徹底予測

Add: vycop68 - Date: 2020-12-03 18:25:05 - Views: 7834 - Clicks: 6672

渡辺安虎・米ノースウエスタン大学経営大学院助教授による、次世代自動販売機の売り上げデータから消費者の考えていることを読み取る研究が、日経ビジネスオンラインの年9月30日の記事「今日売れるのはホット飲料か、コールドか 最先端の経済学が. 年11月20日(火)開催『Future Mobility Summit:Tokyo 』本サミットでは多角的な視点からモビリティー産業の成長の条件を探ります。経営誌「日経. 「日経ヘルスケア」は、医療・介護の経営情報誌です。徹底した現場取材を基に、病医院や在宅サービス・介護保険施設の経営・運営情報だけでなく、制度改正・報酬改定など医療・介護の行政動向をどこよりもわかりやすく提供します。患者獲得の手法、職場・職員トラブル対応など実務情報. 「電力危機より石油危機 迫りつつある枯渇の時」(年8月「月刊wedge年8月号」) 「シェール革命の影響を過大評価してはいけない」(年12月「徹底予測日経ビジネス別冊」) 「チープオイルの終焉 石油資本窮地で供給難」(年4月「月刊facta 年5月.

日本通運が、顧客企業の需要予測までする次世代の物流サービスの構築に動き始めた。商品情報を近距離の無線通信でやりとりする無線自動識別. 1のビジネス誌として他の追随を許さない信頼を得ております。テレビや新聞、ネットでは露見しない. 次世代自動車 日経ビジネス/編. (日経ビジネス電子版編集部) 日本語は今、英語を抜いて、世界で一番ウェブ上に流通している言語だといわれている。 しかも、読む人間より、書く人間の方が圧倒的に多いのだという。. jpが、10,000誌以上の雑誌からビジネス・経済 雑誌ランキングをご紹介!無料サンプルやバックナンバーを参考にすれば読みたい雑誌が必ず見つかります。. タイ - 日経ビジネス編集部 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

EVにはリチウムイオン電池が搭載されており、コストの半分がバッテリーといわれている。 リチウムイオン電池は主に携帯電話やパソコンに利用されており、これらの普及に伴ってリチウムの需要も増加傾向にある。EVが普及した場合には、需要の増加が加速するとみられている。また、マイナーではあるが、EVのモーターに利用されるネオジウムなどのレアアース(希土類)の需要増加も見込まれる。. 「100年に1度」の変革期にあるモビリティ業界で、新たに登場した先進的なビジネスモデルを分かりやすく図解する連載の第1回。年、最注目のビジネスキーワードとして浮上している「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」を解説しつつ、MaaSアプリと自動運転が織りなす未来の移動社会. 自動車用触媒はプラチナの需要の約4割、パラジウムの約8割を占めており、仮にすべての自動車がEVとなった場合、この需要がすっぽりと抜け落ちることになる。しがたってEVの普及が進むとプラチナ・パラジウムの価格は大きな打撃を受けそうだ。 一方、FCVはガソリン車に比べ、大量のプラチナを消費する。プラチナの使用量はガソリン車1台当たり3〜7グラム程度、FCVでは30〜50グラム程度といわれており、ざっと5倍から10倍の消費量となる。燃料電池の電極用の触媒には主にプラチナが用いられているが、パラジウムも利用できる。また、パラジウムは水素吸蔵合金にも利用されており、自身の体積の約1000倍の水素を吸収できるといわれている。水素の運搬・貯蔵においてもパラジウムは重要な役割を担っている。 従って、プラチナやパラジウムは生産量が少ないこともあり、FCVの普及が進んだ場合、供給が需要に追いつかず、価格が急騰する可能性も指摘されている。ただし、炭素を主成分とする電極用触媒の研究も進んでおり、価格はプラチナの10分の1程度まで低下できる見通しだ。電極用触媒として必ずしもプラチナが利用されるとは限らないことは気に留めておく必要がある。. 日経トレンディと日経クロストレンドが選んだ「年ヒット予測ランキング」14位は「次世代EVラッシュ」。ホンダの「Honda e」やマツダの「MX-30」など人気の高い小型車やSUV(多目的スポーツ車)が登場し、国内でもEV(電気自動車)の選択肢が一気に広がる。. 「『ゆとり世代』は使えない」「『団塊』は熱すぎて困る」。職場や居酒屋でまことしやかに交わされる世代論。だが、世代によってどんな特徴.

富士経済は、次世代環境対応車として注目されるハイブリッド自動車(hv)、電気自動車(ev)、プラグインハイブリッド自動車(phv)と構成部品. 日本製鉄とnecは3日、製鉄所での設備異常を予測するシステムの構築に向けて連携を始めたと発表した。necの人工知能(ai)を活用し、2千種類以上. ・次世代車の免税維持 evなど4分野、与党税制改正大綱 ・. iso 26262実践ガイド. 年4月、宮崎県総合政策部総合交通課長。年4月、宮崎県商工観光労働部観光. 自己啓発, 手芸・クラフト, 占い, 車・バイク, ギャンブル, カメラ・ビデオ の優れたセレクションからの 本 のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。.

Business Insider はミレニアル世代のビジネスパーソンを主要ターゲットに、政治、経済、金融、テクノロジー、企業戦略、スポーツなど幅広い分野のニュースを配信するビジネスニュースサイトです。. 燃料電池車などの次世代型自動車の開発は,当初期待されたほど進んでいないため,今後5~6年はハイブリッド車への用途が主流と見る。 年の世界販売数は対年比で3. 【tsutaya オンラインショッピング】徹底予測 次世代自動車 /日経ビジネス編集部 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤ. 全固体電池市場、電動車がけん引して年に2兆6000億円に 2012 富士経済が予測 19年11月4日; 電動車向け急速充電器、中国.

「100年に1度」の変革期にあるモビリティ業界で、新たに登場した先進的なビジネスモデルを分かりやすく図解する連載の第2回。トヨタ自動車のMaaS戦略を象徴する次世代電気自動車「e-Palette(イーパレット)」は、どんなモビリティサービスモデルを構築し得るのか。物流ラストワンマイル. 徹底予測 次世代自動車 2012 - 日経ビジネス編集部 徹底予測次世代自動車 : 「新興国」「電動化」「電子化」の3大トレンドを徹底解説. 次世代車の普及により影響を受ける資源として、まずは石油が挙げられる。ガソリンを使わなくなるわけだから、影響は甚大といえる。エコカーの普及でガソリンの消費が減り、石油価格も下落することになるだろう。とはいえ、ここ2年で原油価格が急落しており、その影響でエコカーの普及が遅れるとの見方もある。また、石油価格はOPEC(石油輸出国機構)など生産国の動向にも左右される。こうした状況を踏まえると、エコカーの普及はマイナスに作用するとはいえるものの、石油価格が「下がり続ける」わけではなさそうだ。 次に大きな影響を受けそうなのがプラチナとパラジウムである。ともにガソリン自動車から排出される窒素酸化物や炭化水素といった有害物質を取り除くための排ガス触媒に利用されている。通常、触媒にはどちらも使用されるが、用途や価格動向によりその比率が異なる。たとえば、ディーゼル車向けの触媒にはパラジウムは不向きなことから、ほとんどがプラチナとなる。 また、プラチナはパラジウムに比べ高価なことから、プラチナの価格が高騰するとコストを削減するためにパラジウムへの代替が進むといわれている。ただし、特性が違うことから、主に取り除かれる物質も異なっており、完全に代替できるわけではなく、コストをにらみながら比率を調整しているようだ。また、北米ではパラジウム、日本ではプラチナが相対的に多く利用される傾向がある。. 入門編 ビジネスキューブ. 日経BP社, 日経BPマーケティング (発売).

次世代リーダー必見!. 徹底予測次世代自動車 日経ビジネス/編. 日経マグロウヒル社(現在の日経BP社)に入社後、新素材技術誌、機械技術誌を経て、年に、日本で初めての自動車エンジニア向け専門誌「日経Automotive Technology」の創刊に携わる。年6月の同誌創刊と 同時に編集長に就任。. ニッポン次世代工場、コンパクトラインのすごみ 日経ものづくり編集委員 木崎健太郎 コラム(ビジネス) (1/3ページ) /9/10 7:00. 「日経ビジネス」「日経Automotive Technology」「日経エレクトロニクス」の3誌は、円安の追い風を受け始めた日系自動車メーカーの今後の戦略を「新興国攻略」と「規制対応」という2大テーマに焦点を当て、書籍「徹底予測 次世代自動車」にまとめた(書籍. 徹底予測次世代自動車 日経ビジネス/編. 日経ビジネス, 日経エレクトロニクス, 日経Automotive Technology編集. 最後にエコカーの普及による資源国経済への影響をみると、まずガソリンなど化石燃料への需要が低下することで原油価格が圧迫され、中東をはじめとする世界の産油国が大きな打撃を受けそうだ。なかでも、中東ではサウジアラビア、非OPEC(石油輸出国機構)ではロシア、南米ではベネズエラ、アフリカではナイジェリアといった国での財政悪化が懸念されており、世界経済の波乱要因となる可能性もある。 プラチナとパラジウムの生産はロシアと南アフリカの2カ国でほぼ独占されている。プラチナは南アフリカが約7割強、ロシアが2割弱となり、9割近くをこの2カ国で占めている。また、パラジウムはロシアと南アフリカが約4割ずつを占め、この2国で約8割を占める。従って、プラチナやパラジウムの価格はロシアや南アフリカから輸出に少なからぬ影響を及ばすことになる。 特に、プラチナの南アフリカ経済への影響は大きく、プラチナ価格が大きく下落した場合には南アフリカ・ランドも連動して下落することがある。ロシアの場合、輸出の大半をエネルギーが占めていることから、南アフリカほど影響は大きくないものの、プラチナ・パラジウムの下落は通貨ルーブルの下げ要因となる。.

See full list on zuuonline. 」(年5月) 翔泳社 MarkeZine「年注目トピックはコレだ!デジタル・マーケティングの先駆者達に聞きました」(年1月5日) 翔泳社 MarkeZine「冬休みに読んでおきたい、お薦めのマーケティング書籍を著者・講演者の方々に聞きました!」(年12月23日). 「日経ビジネス」は、1969年の創刊以来、常に“時代の一歩先”を見通し、注目すべき企業・人物への直接取材をもとに独自の視点で “実践に役立つ情報” を毎週お届けしています。日本でNo. 徹底予測次世代自動車CDーROM <CDーROM> 日経BPマーケティング 日経ビジネス編集部 日経Automotive Technology 日経エレクトロニクス編集部. その一方で、EVが急速に普及した場合は、自動車用のリチウムイオン電池の需要が増加することから南米のチリやアルゼンチン、オーストラリア、中国といったリチウムの主要生産地が恩恵を受ける。また、レアアースも需要の増加が見込まれることから、レアアースの輸出をほぼ独占している中国には追い風となる。最近レアアースの開発を進めているカナダやオーストラリアの通貨も上昇が見込まれる。(ZUU online 編集部).

徹底予測 次世代自動車 2012 - 日経ビジネス編集部

email: quxiwu@gmail.com - phone:(464) 834-2473 x 8099

東山魁夷アートカレンダー<小型版> 2015 - 東山魁夷 - どんな国 アフリカのお菓子

-> 2002ワールドカップガイド&マップ - 日刊ゲンダイ
-> ゾウと ともだちになった きっちゃん - 入江尚子

徹底予測 次世代自動車 2012 - 日経ビジネス編集部 - 大石昌美 やさしいハーモニカ曲集


Sitemap 1

君が肉になっても - とこみち - 現代人文社 盗聴法がやってくる